カワハギ釣りのタックル選び

 カワハギ釣りは信頼できるタックルで挑みたいです。カワハギ釣りは静と動の2種類の釣り方があるのですが、基本的に一日中竿を動かし続ける釣りです。

 お財布事情と相談してできる限り軽量のタックルを揃えておく方が色々と楽ができると思います。

カワハギロッド

 そのタックル選びのためのコンテンツを以下に用意していますので、読んでみて下さい(但し、内容は私の独断と偏見ですwご注意ください。)

カワハギ釣りのタックル

カワハギ釣りを楽しむためにはまずタックルを揃えるところから始まると思いますので、まずはタックルの基礎知識を紹介したいと思います。

 カワハギ釣りのベテランが使っているタックルが自分に合うとは限りません。自分が納得して購入して、それを自分なりに使いこなしていくこともカワハギ釣りの魅力です。

カワハギ釣りの誘いの基本

カワハギ釣りの最大の醍醐味は”誘い”ですね。誘いでどれだけ食わせるかで釣果に差が大きく出るので、”誘い”基本は必ず覚えたいですね。

 はっきり言って”誘い”はその日、その時、その潮によって変わってきます。一日の中でも何度も変わっていくこともあるので、自分の引き出しは多い方が良いですよ。

カワハギ釣りはシンプルだけど難しい

 カワハギ釣りの魅力って何だろうと考えてみたのですが、シンプルなくせに魚との駆け引きが難しいというところなんじゃないかと思っています。

 駆け引きは難しいのにタックルはシンプル。仕掛けに至っては市販品でもOKというシンプルっぷりです。

カワハギゲット!

 釣り方自体が特殊で、誘い~アタリを取るまでの魚との駆け引きは、他の釣りでは変えられないほどテクニカルな一面をもっています。

 誘いの方法や流れなんかはブラックバスのそれと似ていますが、アタリを取る難しさはブラックバスの比ではありません。

 アワセの取り方の難しさはクロダイのルアー釣りに似ていますが、あれほど単調な誘いの釣りではありません。

 やはり、カワハギの釣りはその魚の外見同様に変わった釣りとしか言いようがないですね^^;。

運営者情報

HN:だいる
誕生日:1981年10月24日
出身地:大阪
趣味:釣り全般とサイト作成
好きな釣り:ジギング、タチウオテンヤ、バス釣り

 もう少し詳しい運営関連情報はこちらのページ(運営関連情報)で紹介していますので、そちらを参照ください。

Page top icon